スタッフブログ

2016年 新春祭 1日目

こんにちは!nogaです。1/16~17で新春祭を開催いたしました。

両日ともいいお天気で、

多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。

ではその様子を今回と次回、2回に分けてお伝えいたします。

1日目はリフォーム相談会の他、

 

IHクッキングヒーターVシリーズ

IHクッキングヒーターVシリーズでローストビーフなどもお得意です

IHクッキングヒーター調理実演

IHクッキングヒーター調理実演

酸素美泡湯

酸素美泡湯

IHクッキングヒーターVシリーズはローストビーフなどの低温調理も得意です

IHクッキングヒーターVシリーズは ローストビーフなどの低温調理も得意です

毎年恒例、包丁研ぎ無料も大好評でした!

毎年恒例、包丁研ぎ無料も大好評でした!

1日目は大盛況でした!

続く2日目は次回をご覧ください。

長期優良住宅化リフォームでも三世代同居

    5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

2016年度の本予算について閣議決定しましたね。

3月に行われるということで、まだ先になりますが。。。

国土交通省の住宅関連予算では長期優良住宅化リフォームに

三世代同居を推進する方針を強く打ち出しています。

現行では「劣化対策」「耐震性能」「維持管理・更新対策」

「省エネ性能」「バリアフリー性能」といった項目において、

一定の性能向上が期待できるリフォーム工事に対して補助を

行っていましたが、2016年度予算で実施される長期優良住宅化

リフォーム推進事業では、上記の項目に「三世代同居対策」が

追加されました。

「三世代居住のためにキッチン、浴室、トイレまたは玄関のうち、

いずれか2つ以上を住宅内に複数個所設置するリフォーム工事」

でも、同事業の対象となります。

現行の補助限度額は100万円/戸(長期優良住宅の認定並、200万円/戸)ですが

「三世代同居対応」のリフォーム工事を含んだ場合、プラス上限50万円/戸が

加算されます。

優遇制度をうまく活用すると、本当にお得ですし、知っているのと知らないのでは

大きく変わってきます。

どんな優遇制度があるのか興味がある方は是非、スタッフにご相談ください

 

あけましておめでとうございます

新年

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
おかげさまで今年3周年を迎えます。
私たちスタッフ一同も、「お客様に喜んで頂く」という基本に立ちかえって、
ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。
 
                                  リファイン和泉中央スタッフ一同

新春イベントのご案内

2016 新春祭

1月16日(土)17日(日)

今年の冬は暖冬と言われていましたが、年末に向けて冬の寒さを感じる日々が続きますね。

新年を迎えて上記の二日間にわたり新春イベントを開催いたいします。

プリザーブドフラワーの体験レッスンや恒例の包丁研ぎなど盛りだくさんです。

 

『2015年リファイン大賞 収納・キュビオス部門』銀賞

を受賞しました。

あまり活用していなかった和室を大胆にウォークインクローゼットにリフォーム。

生活の変化にともなって活躍しなくなったお部屋を快適な空間にリフォームしませんか?

スタッフ一同、そんな悩みを解決するが大好きな人の集まりです。

一度、ご相談に来てください。あなたに合った空間プランをご提案いたします。

新春祭_omote_OL(CS5)-2

 リファイン大賞収納-2

 

狭い部屋を広くみせるコツ!

家具の並べ方や、インテリアの色使いによって、狭い部屋も広く感じさせることができます。

   0960c26e8d23b83e6c97f7c744eaf4af_s

■大きな家具は置かない

背の高い家具を置くと圧迫感があって、部屋を狭く見えます。

また、家具の高さ奥行が揃っていないとボコボコとしているのもよくありません。

テーブルや椅子を低めの方が部屋を広く感じるので、

床に座るスタイルの方がいいかもしれません。

床から天井まで壁面いっぱいに造作家具を配置するのスッキリとして狭さを感じさせません。

 

■明るい色を使って

濃い色は、重厚感がありますが、狭い部屋では圧迫感を感じます。

床の色、家具の色、ソファ、カーテンなど、広い部分は明るい色を選びます。

濃い色のフローリングの場合は、明るい色のカーペットを敷いてみるといいですよ。

 

■照明のテクニックで

あかりを使って奥行を出すこともできます。

部屋のコーナーにスタンド照明を置いて照らせば

視線が遠くに引きつけられ、部屋を広く感じさせます。

観葉植物の根元にスタンドを置いて下からライトアップすると、

同じように部屋の奥行を感じさせることができます。

 

■鏡を使って

部屋のコーナーに鏡を置くと、鏡にうつった部屋が

奥行感を出し、部屋が広いという錯覚になります。

統一感を出すインテリア

素敵だなと思う部屋は、床、壁、家具、カーテン、そして置物まで、

全体的に統一感がありませんか?

では、統一感を出すには何を気をつけたらいいでしょう。

   デザイナーズ

■イメージの統一

部屋の仕上がりのインテリアイメージを最初に描いておくことが大切です。

ナチュラルな雰囲気の部屋?いやいや、クラッシックで落ち着いた雰囲気?

クールでモダンな感じにしたい等等。

イメージを心に描いて、その雰囲気に添ってまとめていきます。

雑誌の写真や、モデルルームの写真を参考にして、

気に入ったスタイルの例を集めてイメージを描いてみてください。

■カラーコーディネート

統一感を出すためにとても大切なのが、色の取り合わせです。

部屋のインテリアに使うメインの色は1色か2色とします。

その他に、アクセントカラーとして、鮮やか色を使うと印象的になります。

 

インテリアのイメージについて迷ったら、

インテリアコーディネーターにぜひご相談してみてください。

新居にかけるインテリアの費用はどのくらい?

新居を購入する際うっかり忘れがちになるのがインテリアの予算。

せっかくの新居暮らしも、これまで使っていた家具、ソファ、テーブル、椅子

カーテンまでそのまま持ち込んでしまっては、10%

新居の真新しさがなくなってしまいます。

インテリアの購入資金を最初から考えておくか否かで、

入居後の満足感に大きな差がでてしまいます。

一般的に、住宅購入額の10%くらいを、

内装を含めたインテリアの購入資金として考えておきます。

意外に重い10%。

素敵な新居での暮らしを手に入れるために、

住宅購入資金の予算の中に是非組み入れておきましょう。

 

照明リフォーム 3

最近、布団から出るのがつらいです。このまま眠ってしまおうか。。。

 冬眠してしまおうか。。。 

うん。。お・や・す・み...zzz

 

 ダメダ!

立て!立つんだ!私!!!! 

あぁ、でもあと五分だけ・・・ 

 

という葛藤の日々。 

朝すっきり目覚めるにはどうすればいいのか・・・

すきっり目覚めるには

すきっり目覚めるには

 

太陽の光を浴びるのがいいとか、

夜寝る前は 携帯やパソコンの画面からの

ブルーライトを見るのは控えたほうがぐっすり眠られるなど 

 

良い睡眠にも光色が関係しているのは

もうみなさんご存知かもしれませんが、具体的にはどうすればいいのか???

 

そ・れ・は・・・

 

次回をお楽しみにくださいませ!!!

 

照明リフォーム 2

こんにちは。nogaです。

 

最近お料理が上手になった気がするのです。

 

気のせいでしょうか?それとも照明を変えたせいでしょうか?

 

それは照明を変えたせいです!!!

 

っっっっと、さすがにこれはオーバーですが、

実は光色が味覚に与える影響にはこんな研究結果がでています。

 

【甘味】【酸味】【苦味】【塩味】の4つが『味覚』の【基本味】といわれています。

【甘味】【苦味】は照度が低いと感度が鈍り

さらに

【甘味】は色温度が低いと感度が鈍るという結果が得られています。

また、食物の消化を助ける唾液の分泌量は、色温度が低いほうが多いという研究結果も得られています。

つまり、

「食事を作るときは明るく白い光の下で」

「食事をするときは暖かな光の下で」

ということが言えます。

 

温かみのある赤色を多く含んだ美ルック

温かみのある赤色を多く含んだ美ルック

 

時々、料理店などの店舗の照明設計では、客席と同じ温かみのある照明をキッチンに採用する場合もあります。

それは、お客様から見た料理の色合いやツヤなどを同じように料理人が感じるようにするためです。

『次回は光色と生活リズム』についてご紹介いたします。

 

照明リフォーム

こんにちは。nogaです。

 

最近ショールームの照明を少し変え、

お店の雰囲気を少し変えてみました。

 

皆様お気づきでしょうか???

 

さて、照明のリフォームは比較的お安い予算で、

高い効果が得られるので、

内装リフォームをお考えの方にはおすすめです。

照明リフォーム

照明リフォーム

照明計画を『生理的』にも『心理的』にも

効果的に作用するように作られた空間は、

とても快適で心地よいものとなります。

 

さて、照明によって得られる空間演出とは

いったいどのようなものがあるのでしょうか。

 

次回ご紹介いたします。

ページトップへ戻る